脱毛は医療行為。適切なサロン選びが重要

脱毛は厚生労働省より医療行為と認められております。
レーザー脱毛はエステか医療機関(美容皮膚科・美容外科)ですることができます。
ただしエステでは医師の資格がなくても施術することができてしまいます。

このエステと医療機関での脱毛の違いは「出力」です。
医療機関では医師にしか扱うことのできない強い出力のレーザーを当てることができます。
レーザーは強い方が効果的です。
医師免許を持たないものが強い出力で施術をすると違法となります。

レーザー脱毛に限らず脱毛は危険なものです。
痒みやかぶれという小さな肌トラブルから、大きな肌トラブルまで起こりうる可能性があるので
それを承知の上で行う必要があります。

脱毛に関しては毛質やお肌の状態に個人差があるので、肌に合う合わないがあります。
必ず体験コースをしてから契約しましょう。

大体のサロンは決まりに反することなくしっかり施術をおこなっています。
しかし、必ずしもそうではないということを頭に入れておかなければなりません。
そのためにも必ずご自身で足を運び、確かめましょう。

エステでの施術が不安、心配というようでしたら
やはり医療機関で医師に施術をしてもらう方が安心だと思います。

医師の資格を持った方でしたら安心ですし、万が一施術によって肌トラブルが起こった際にも
医療機関であればすぐに適切な処置をしてもらうことができます。
そして医療機関であれば脱毛の効果も増しますので、満足できると思います。

料金はエステに比べ医療機関での脱毛の方が高額になります。
これは施設によって異なりますので必ず確認してください。