わきがはレーザー脱毛で治るの?

脇毛をレーザー脱毛するとワキガも治る、というウワサがありますが、
実際のところ、どうなんでしょうか?

レーザー脱毛することでワキガが解消されることはありません。
レーザー脱毛はワキガの治療法ではないので直接関係はないのです。

ワキガの原因はアポクリン腺から出る分泌物によるものです。
アポクリン腺は皮下にあるうちは無臭です。
汗をかき、アポクリン腺の分泌物が雑菌と反応することで異臭へと変化するのです。
それがワキガの原因です。

レーザー脱毛は、脇にレーザーを当てます。
レーザーは黒い色素に反応し、毛の元にダメージを与え毛を生えにくくする方法です。
レーザー脱毛は毛穴を取り除くわけではないので、ワキガの原因を消滅させることはできません。

では、どうしてこのようなウワサが立つようになったのでしょうか。

ワキガの治療にレーザーを使う場合があります。
レーザーを使ってワキガの原因となっている汗腺などを毛根ごと取ってしまう方法です。
毛根ごと取り除いてしまうため、結果として脱毛も兼ねています。
脱毛もワキガ治療も同じようにレーザーを当てるため、混同してしまったのが誤解の原因でしょう。

また、脱毛をして毛が生えてこないことにより、脇の通気性がよくなり臭いが減るということはあります。
脇毛がある状態で汗をかくと臭いが残りやすく、異臭となります。
それがなくなる分、臭いが軽くなったと感じることはあるかもしれません。

ワキガには専門の治療が必要なので、治したい場合にはきちんと治療してもらうことが大切です。
しかしワキガではなく多汗症の場合には、毛がなくなることで臭いも軽減されるかもしれません。